Python PDF Books

Download Python PDF books. Access full book title Einf Hrung In Python by Mark Lutz, the book also available in format PDF, EPUB, and Mobi Format, to read online books or download Python full books, Click Get Books for free access, and save it on your Kindle device, PC, phones or tablets.

Einf Hrung In Python

Python
Author: Mark Lutz
Publisher: O'Reilly Germany
ISBN: 3897214881
Size: 13.16 MB
Format: PDF
View: 3673
Get Books


株とPython─自作プログラムでお金儲けを目指す本
Language: ja
Pages: 113
Authors: 宮部 保雄
Categories: Technology & Engineering
Type: BOOK - Published: 2018-12-28 - Publisher: インプレスR&D
【Pythonで株式取引戦略シミュレーターを作って、株取引をはじめてみる!】 本書は、今まで株式取引の経験がないエンジニアが、Pythonをつかって各種データの収集や管理、自作シミュレーターの開発などを通して株式取引の仕組みや戦略について学ぶことができる株式取引入門書です。 〈本書の対象読者〉 ・株式取引に関心がある ・Pythonの基本的な知識がある 【目次】 第1章 株取引の基礎知識 1.1 株取引をはじめるには? 1.2 株の買い方・売り方 1.3 株価の決まり方 1.4 権利確定日・権利落ち日・権利付き最終日 1.5 株式分割と併合 第2章 データー収集と管理 2.1 必要なデーター 2.2 データーの保存方法 2.3 銘柄情報の取得 2.4 四本値(日足)と出来高の取得 2.5 上場・廃止情報の取得 2.6 分割と併合への対応 第3章 取引戦略とバックテスト 3.1 集めたデーターを眺める 3.2 シミュレーターの作成 3.3 簡単な取引戦略の例 : ゴールデンクロスを利用した取引 3.4 株価以外も使う例 : 目標株価を利用した取引 第4章 取引戦略の評価手法 4.1 最終利益以外の評価方法の必要性
株とPython
Language: ja
Pages: 113
Authors: 宮部保雄
Categories: Technology & Engineering
Type: BOOK - Published: 2018-12-28 - Publisher:
株初心者プログラマーのためのPythonを活用する株式運用入門!
株式自動売買ソフトウェアスーパー・株ロボを作ろう!
Language: ja
Pages: 343
Authors: 鳥海不二夫
Categories: Technology & Engineering
Type: BOOK - Published: 2006-09-05 - Publisher: 秀和システム
本書を読みながら作るカブロボは、カブロボの性能を競わせるコンテスト『スーパー・カブロボ』の仕様に準拠し、作ったカブロボは手続き一つでかんたんにエントリできます。スーパー・カブロボでは、カブロボの運用成績を「賞金」「実運用権の授与」という形で評価します。
TensorFlowではじめる株式投資のためのディープラーニング
Language: ja
Pages: 326
Authors: クォンツ・リサーチ
Categories: Technology & Engineering
Type: BOOK - Published: 2019-12 - Publisher: 秀和システム
PythonとJupyter Notebookではじめる株価分析&シミュレーション!金融への応用の現状と将来を探る!Anaconda、TensorFlowほかライブラリを使って試してみよう!
「株」の自動売買でラクラク儲ける新方法
Language: ja
Pages: 125
Authors: ダイヤモンド・ザイ編集部
Categories: Technology & Engineering
Type: BOOK - Published: 2009-11 - Publisher:
自動売買(逆指値・W指値など)のしくみや設定方法がわかる。自動売買を駆使した、画期的なトレード方法がわかる。成行・指値の使い分けや、不出来引成などの使い方がわかる。「板」の読み方がわかる。チャートから株価の予想方法がわかる。
Python3ではじめるシステムトレード ──環境構築と売買戦略
Language: ja
Pages: 367
Authors: 森谷 博之
Categories: Technology & Engineering
Type: BOOK - Published: 2016-11 - Publisher: Pan Rolling Inc
Books about Python3ではじめるシステムトレード ──環境構築と売買戦略
実戦データマイニング AIによる株と為替の予測
Language: ja
Pages: 208
Authors: 月本 洋, 松本 一教
Categories: Technology & Engineering
Type: BOOK - Published: 2018-06-20 - Publisher: 株式会社 オーム社
AIを「株と為替」に応用! 本書は、社会に浸透しつつあるAIを「株と為替」に応用する手法について、実戦的に解説した書籍です。 情報処理関係の知識がない金融関係者でも理解できるように、1章でデータマイニングの基礎知識、2章で基本的なデータ解析手法を紹介した後、株と為替の売買シミュレーションに入るように構成しています。また、本書ではニューラルネットワーク、ディープラーニングによるシミュレーションを取り入れており、情報処理関係者・金融関係者双方にとってまさに知りたい内容となっています。 1. データマイニングと人工知能 1.1.データマイニングとは 1.2.データマイニングと人工知能と機械学習の関係 1.3.データマイニングの過程 2. データマイニングと機械学習の技術 2.1 回帰分析 2.2ニューラルネットワーク 2.3 深層ニューラルネットワークとディープラーニング 2.4 金融データの前処理 3.株のデータマイニング 3.1はじめに 3.2株価予測に関する考察 3.3株価予測の方法 3.4 天井度から上昇度へ 3.5売買シミュレーション方法 3.6売買シミュレーション(3層ニューラルネットワーク) 3.7売買シミュレーション(ディープラーニング) 3.8 まとめ 4.為替のデータマイニング 4.1FXについて 4.2売買シミュレーション方法 4.3売買シミュレーション(3層ニューラルネットワーク) 4.4売買シミュレーション(ディープラーニング) 4.5まとめ 5. データマイニングと機械学習の詳細 5.1 学習方法とデータのタイプ 5.2 回帰分析の原理 5.3ニューラルネットワーク 5.4.ディープラーニング 5.5 様々な種類のニューラルネットワーク 5.6 その他の技術 5.7モデル選択と評価 5.8 ツールとその他の関連技術 6.説明可能AI
Elasticsearch NEXT STEP
Language: ja
Pages:
Authors: 樋口 慎, 山本 大輝, 佐々木 峻, 束野 仁政
Categories: Technology & Engineering
Type: BOOK - Published: 2019-07-05 - Publisher: インプレスR&D
「Elasticsearch NEXT STEP」は入門書の次のステップ(NEXT STEP)に踏み出すための実務事例集です。Elasticsearchはダウンロード、インストールは非常に簡単な製品で数コマンド実行すれば、簡単な操作を可能ですが、環境に考慮した設定でデータ分析などへの活用を考えると非常に難易度が上がり、次の壁を踏み越えるのが大変です。そこで実務での経験を事例集として掲載。読後にはよりElasticsearchが活用できるようになっています。 〈本書の対象読者〉 ・Elasticsearchを多少触ったことがある ・実践的な次の一歩を踏み出そうとしている 【目次】 第1章 Elasticsearchで実践するはてなブログの記事解析 1.1 準備 1.2 作業の全体像 1.3 記事の投入 1.4 ダッシュボード作成 1.5 まとめ 第2章 日本語検索エンジンとしてのElasticsearch 2.1 全文検索とは 2.2 全文検索のよくある課題 2.3 対策 2.4 Sudachiとは 2.5 Sudachiを使ってみる 2.6 SudachiのTips 2.7 まとめ 第3章 Elasticsearch SQL 3.1 Elasticsearch SQLの基本機能 3.2 基本的なSQLとAPIの使い方 3.3 データ型一覧、関数一覧 3.4 実践編 3.5 Elasticsearch
個人投資家のためのFinTechプログラミング
Language: ja
Pages: 212
Authors: てばさき, 森谷博之, ほか
Categories: Computers
Type: BOOK - Published: 2017-08-31 - Publisher: 日経BP
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 IT技術の発達により、金融機関に属していない“普通の個人”でも、システムトレード(自動売買)や金融データの分析が容易に行える時代になっています。 本ムックはその具体例として、プログラミング言語「Python」を利用した、ビットコインのシステムトレードプログラムの作成方法と、株価データを取得・分析するプログラムの作成方法を紹介します。 特に、ビットコインのシステムトレードプログラムは国内大手3社の仮想通貨取引所APIに対応する極めて実践的なもので、現時点ではネットや類書にはない貴重な内容になっています。 他にも、仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンをやさしく解説する記事を収録しています。
Rubyではじめるシステムトレード
Language: ja
Pages: 653
Authors: 坂本タクマ
Categories: Computers
Type: BOOK - Published: 2014-05-10 - Publisher: Pan Rolling Inc
「使える」プログラミングで検証ソフトを作る プログラミングのできるシステムトレーダーになる!! 絶対金持ちになってやる!! 本書は、「どうにかして株で儲けたい」という人のために書かれた。そのトレードで勝つためには、極力感情を排除することが重要だ。そのために、明確なルールに従って機械的に売買する「システムトレード」がどうも有効らしい。しかし、プログラミングが壁になって二の足を踏んでしまう。そういう人たちのために、自分の手を動かし、トレードアイデアをプログラムで表現する喜びを味わってもらおうとして書いたのが本書の一番の目的だ。 しかし世の中には、プログラミングを学んだけれども何を作ったらいいのかわからない、という人もいるだろう。それに対して、この本の趣旨ははっきりしている。トレーディングシステム検証プログラムだ。このように明確な動機づけがあることは、プログラミングを学ぶうえで大きな利点になる。 儲けたいという情念が指先からほとばしり、キーボードを通じてコンピューターへと伝わっていく。それが筆者のプログラミングスタイルだ。トレードで負けた日にその「感情」や「敗北感」を逆方向へと有効利用して、プログラミングに熱中できるのだ。 これは、Ruby という表現力豊かなプログラミング言語と出合ったからこそ、できることかもしれない。ややこしいお膳立てをあまりすることなく、割とストレートにやりたいことを書ける。多くの方をこの素晴らしい世界にお誘いしたくて、「プログラミング言語 Ruby を学びながらトレーディングシステム検証ソフトを作る」というテーマで本書を書いた。 本書の内容とは、以下のとおり。 CUI 株価データのダウンロード 日本株での売買ルール検証 1銘柄ごと、1売買単位でのシミュレーション 寄り付き、ザラ場、大引けでの仕掛け、手仕舞い 売買ルールの部品化、着脱 「移動平均乖離率システム」と「ブレイクアウトシステム」のプログラム化 さあ、あなたも、株で金持ちになってみませんか。